山を登る会

山を登る会バナー山を登る会

山を登る会について 次回ご案内と山行報告 スケジュール(pdfファイル) リーダー紹介

山を登る会について
山を登る会について山を登る会は1992年6月発足以来2022年6月で満30周年を迎えます。その間1,100回以上の例会を開催、延参加者約8万人を超える皆様に親しまれている団体です。
過去の参加者最高齢は93歳、最年少は5歳と、老若男女を問わず幅広い人達に愛されています。 2022年1月現在、8名のリーダーがその運営に当たっています。
コース選定に当たってはベテランリーダー陣がこれを行い、皆様に魅力的なコースを提供すると共に、事前に下見をして安全に安心して歩いて頂けるよう万全を期しています。
当会の特徴として、コースにもよりますが、先頭リーダーとアンカーリーダーのゴールタイムに1?3時間の差があります。 つまり参加者はこの間で自分のペースに合った歩き方ができると言う他団体にはない特徴です。
一度、是非参加して頂きマイペースでの山歩きを楽しみ下さい。 参加者は自分のペースに合わせて事故のない様歩いて下さい。
尚、参加途中の怪我や損害については会としては、補償しておりませんので各自の責任においてお歩き下さい。又、現在COVID-19(新型コロナウイルス)オミクロン株の猛威が吹き荒れており、まん延防止等重点措置が1/27から2/20迄発出されました。皆様におかれましては、3密を避け(電車の中では窓を開ける、飲み会・ カラオケ等には参加しない等)、手洗い・うがい・消毒を忘れず、体調の悪い時、熱のある時等は、参加を見合わせるようにして下さい。
参加費 300円 入会金不要 事前申込不要 雨天中止
★お問合わせ先 田中昭夫  〒564-0027 吹田市朝日町5-31-1003
E-mail:a.r.tanaka@h2.dion.ne.jp  TEL/FAX 06-6382-6715

山を登る会発足30周年を迎えて!
山を登る会は1992年6月発足以来30周年を迎えました。
これは偏に会員の皆様のご参加・ご支援と、先達のご努力の賜物と当会を代表して衷心よりお礼申し上げます。
振り返りますと、最盛期には286人の参加者を記録する等順調に推移してまいりましたが、近年は会員の平均年齢の上昇やCOVID-19の感染防止策の為、例会開催中止を余儀なくされる等厳しい環境にあります。
そのような中にあっても、「山を登る会は私の希望です。いつまでも継続して下さい!」等、暖かいお声を頂戴しております。
我々リーダー陣も体力の続く限り皆様に楽しく歩いて頂ける魅力的なコースを提供し続けたいと念じております。
今後もどうか当会にご期待の上、ご贔屓頂きますようお願い申し上げます。
2022年6月    山を登る会会長 田中昭夫

●山を登る会からのお願い●
参加される皆さんは、普段から体調管理に十分留意され、体調不良の場合は、登山を中止頂くか、出発してから体調不良になった場合は、最寄りのリーダーに連絡頂き、短縮等のアドバイスを貰うようにするか、できるだけ早く登山を中止する等の対応をお願いします。難しい判断ですが、自分の体調管理は自分で行って下さい。よろしくお願いします。
又、COVID-19(新型コロナウイルス)感染拡大第5波の入口とも言われています。皆様におかれましては、3密を避け(電車の中では窓を開ける、飲み会・ カラオケ等には参加しない等)、手洗い・うがい・消毒を忘れず、体調の悪い時、熱のある時等は、参加を見合わせるようにして下さい。

(参考:近藤コース・ルートについて)
近藤元リーダーがよく一般に利用されない道を案内してくれる事が多かった事からつけられた名前ですが、定義を次の如く決めました。近藤 コース・ルートとは、①普通の地図に載っていない道②人が余り通っていない道③時には藪こぎもある道で、①②③のいずれかに該当し、コース全体の概ね50%以上が該当する場合は近藤コース、50%未満の場合が近藤ルート。5%とか10%の場合をミニ近藤ルートと呼ぶ事と致します。他のリーダーが発見した新しいルートであっても当会では、会員の間でこのネーミングが浸透している事及び、近藤氏に敬意を表する意味からも近藤コース・ルートと呼ぶ事としております。

(e-mail登録について)
e-mail登録頂いている方々には、開催が微妙な時は当日06:00迄にe-mailで催否を連絡しますので、メールをチェックした上でご参加下さい。連絡がない時は予定通りとご理解下さい。
※登録につきましては「氏名・最寄駅・緊急連絡先・登録希望の動機」を必ず記入下さい。
山行報告と次回ご案内
2024年6月18日更新
●次回のご案内
山を登る会会員の皆様へ
いつも山を登る会例会に参加頂き有難うございます。
次回例会は、城山・神戸富士に登り平野谷尾根道を下るコースを野金リーダーが案内します。
瀬戸内の絶景が待っています! ご期待の上是非ご参加下さい。

1.日時・場所:6/23(日) 阪急神戸三宮駅東口 9:00集合

2.コース概要:駅~新神戸~登山口~城山(滝山城址)~二本松B/S~大龍寺~神戸富士~再度公園~鍋蓋山~七三峠~二本松林道~五宮B/S~JR元町駅東口

3.距離・時間:14km・4.5時間

4.その他:①阪急神戸三宮駅へは梅田駅から神戸線特急等で。

山を登る会 田中昭夫
●山行報告
前回は、傘寿超4名(最高齢W氏(84)、A氏(82)、T氏・Ma嬢(81))、初参加2名(木津のY氏、茨木市のN嬢)、最西端播州赤穂のX嬢、久しぶりのM氏・H嬢、遅刻参加4名、長尾山で追いついたI氏等を含む86名が参加。
田中の先導で、インバウンドがちらほらする嵐山駅頭を足早に出発、北に向かった。現役の茅葺屋根の家を見て登山口で一回目の給水休憩。 嵯峨天皇陵への登りは階段道を使わず、ジグザグの山道を登って行った。陵の前で2回目の給水休憩をとり、縦走路を更に北へ朝原山・長尾山を経て盗石禁止の看板を見ながら砥石山山頂へ。楽しい尾根道歩きであった。 砥石山からの下りの足元に注意しながら菖蒲谷池へと下った。多くの家族連れ客がバーべキューを楽しんでいるのを横目で見ながら木陰でゆっくりと昼食。
食後は倒木個所を越え小さなトンネルを抜け、激しく車が行き交う信号のない道を横断、髙尾へと歩を進めた。 石垣一面に雪の下の可愛い小さな花が咲いているのをいとおしみながら、トイレ休憩。そこからは川沿いの涼やかな道を西へ、途中潜没橋(沈下橋)手前から南へ坂を登って行った。 高架下からの足元の悪い下りに注意し、甘酸っぱい苺を楽しんだ後、元祖酵素風呂へ。 そこからは遮るものがない道路歩きに苦しみながらも、先頭は何とか出発時のETAより5分遅れの14:05に出発駅嵐山にゴール。 アンカー中林リーダーも15:50全員無事ゴール。心配した雨は一滴も落ちて来ず、田中は序盤のみMi氏にシール袋を持って貰ったが、 中盤以降2番手を歩く女性が両手のふさがっている小生を見て「シール袋を持ちましょうか!?」と優しい言葉をかけてくれるのに勇気を貰いながら、甘えず何とか自力で完投した。 小生は水約2,000ccを費消。JR嵯峨嵐山にゴールした人も数人。 皆さん お疲れ様でした! 有難うございました。
田中昭夫(山を登る会)
スケジュール
画像をクリックされますと見やすいpdfファイルが表示されます。
スケジュール