山を登る会

山を登る会バナー山を登る会

山を登る会について 次回ご案内と山行報告 スケジュール(pdfファイル) リーダー紹介

●お知らせ●
山を登る会会員の皆様へ
いつも山を登る会例会にご参加頂き有難うございます。
大阪市・神戸市等に発出された「まん延防止等重点措置」をうけ、4月18日、25日、5月2日の計3回の例会開催を中止します。
更に4/23に発出された3回目の緊急事態宣言を受け、5/9の例会も中止する事を決定しました。
尚、5/16の例会開催案内は5/12に連絡する予定です。

山を登る会について
山を登る会は1992年6月発足以来満26年1,000回以上の例会を開催、延参加者約8万人を超える皆様に親しまれている団体です。 過去の参加者最高齢は93歳、最年少は5歳と、老若男女を問わず幅広い人達に愛されています。 2018年6月現在、7名のリーダーがその運営に当たっています。 コース選定に当たってはベテランリーダー陣がこれを行い、皆様に魅力的なコースを提供すると共に、事前に下見をして安全に安心して歩いて頂けるよう万全を期しています。 又、当会の特徴として、コースにもよりますが、先頭リーダーとアンカーリーダーのゴールタイムに1〜3時間の差があります。 つまり参加者はこの間で自分のペースに合った歩き方ができると言う他団体にはない特徴です。 一度、是非参加して頂きマイペースでの山歩きを楽しみ下さい。 参加者は自分のペースに合わせて事故のない様歩いて下さい。 尚、参加途中の怪我や損害については会としては、補償しておりませんので各自の責任においてお歩き下さい。
参加費 300円 入会金不要 事前申込不要 雨天中止
★お問合わせ先 田中昭夫  〒564-0027 吹田市朝日町5-31-1003
E-mail:a.r.tanaka@h2.dion.ne.jp  TEL/FAX 06-6382-6715

●山を登る会からのお願い●
実は小生のパソコンが故障して皆さんのe-mailアドレス等のデータが消失してしまいました。この為、毎週の案内が送信できておりません。
ついてはお手数をおかけして申し訳ありませんが、皆さまのアドレスを再度登録頂きたくよろしくお願いします。田中のアドレスは変わっていません。 a.r.tanaka@ h2.dion.ne.jp です。
※再登録につきましても「お名前」をお忘れなくお願いします。

又、当面例会の催否の微妙な時の連絡もできませんので、前日の21:00ぐらいまでに H/Pに掲出するようにします。
ご不便とご迷惑をおかけしますが、事情ご賢察の上ご理解・ご協力方お願いします。
2021年4月 山を登る会会長 田中昭夫
参加される皆さんは、普段から体調管理に十分留意され、体調不良の場合は、登山を中止頂くか、出発してから体調不良になった場合は、最寄りのリーダーに連絡頂き、短縮等のアドバイスを貰うようにするか、できるだけ早く登山を中止する等の対応をお願いします。難しい判断ですが、自分の体調管理は自分で行って下さい。よろしくお願いします。
又、COVID-19(新型コロナウイルス)感染拡大第3波の真っ最中と言われています。皆様におかれましては、3密を避け(電車の中では窓を開ける、飲み会・ カラオケ等には参加しない等)、手洗い・うがい・消毒を忘れず、体調の悪い時、熱のある時等は、参加を見合わせるようにして下さい。

(参考:近藤コース・ルートについて)
近藤元リーダーがよく一般に利用されない道を案内してくれる事が多かった事からつけられた名前ですが、定義を次の如く決めました。近藤 コース・ルートとは、①普通の地図に載っていない道②人が余り通っていない道③時には藪こぎもある道で、①②③のいずれかに該当し、コース全体の概ね50%以上が該当する場合は近藤コース、50%未満の場合が近藤ルート。5%とか10%の場合をミニ近藤ルートと呼ぶ事と致します。他のリーダーが発見した新しいルートであっても当会では、会員の間でこのネーミングが浸透している事及び、近藤氏に敬意を表する意味からも近藤コース・ルートと呼ぶ事としております。

(e-mail登録について)
e-mail登録頂いている方々には、開催が微妙な時は当日06:00迄にe-mailで催否を連絡しますので、メールをチェックした上でご参加下さい。連絡がない時は予定通りとご理解下さい。
※登録につきましては「氏名・最寄駅・緊急連絡先・登録希望の動機」を必ず記入下さい。
山行報告と次回ご案内
2021年4月25日更新
●次回のご案内
山を登る会会員の皆様へ
いつも山を登る会例会にご参加頂き有難うございます。

小生のP/Cが壊れ(P/Cを壊し)長い間皆さんにご不便・ご迷惑をおかけしました。3週間近くe-mailやインターネット検索ができず、やっとトリレンマ(COVID-19、例会中止、P/C故障)状態から光がさしてきました。

P/C(パソコン)が 壊れて気付く 生活の 一部となりし e-mail(メール)やword(ワード) (昭十)

新しいP/Cを買いセットアップができましたが、メルアドが消失しましたので、完全復旧にはもう少し時間がかかると思われます。
P/Cはこれで5台目ですが、直前のP/Cは7年で壊れました(壊しました)。「よく持ちましたね!普通5年です。」と言われて複雑な気持ちです。
例会の開催については、H/Pにアップしています通り、4/11に、COVID-19まん延防止等重点措置に鑑み、4/18・4/25・5/2の計3回の例会開催中止を決定・発表しました。 更に4/23に発出された3回目の緊急事態宣言を受け、5/9の例会も中止する事を決定しました。
尚、5/16の例会開催案内は5/12に連絡する予定です。

【田中の自主トレ状況:花だより】
A:4/8:カタクリ・水芭蕉・・・カタクリは小ぶりだが懸命に咲いていた。水芭蕉OK。⇒来年案内します。楽しみに!

B:4/19:カタクリ・二輪草・ケマン草OK。錦衣・鶯神楽・エンレイソウは確認できず。獣害(猪・鹿)顕著。⇒来年は見送り。

C:4/22:小岩鏡・猩々袴・米躑躅・・・小岩鏡バッチリ。猩々袴遅かった。⇒日にちを早めて来年実施します。楽しみに!

皆様方におかれましては、お身体に十分留意され、来るべき再開に向けて自主トレに励まれるようお願いします。
●山行報告
4/11は傘寿超4名(最高齢T氏(85)、N氏(83)、W氏(81)、S氏(80))、初参加1名(千里丘のN嬢)、連続参加の葛小姐等を含む66名が参加。野金リーダーの13週間ぶりの先導で、爽やかな里山を大部峠へと歩を進め、阿古谷毘沙門堂に立ち寄り、木喰仏像を見、長い舗装道路歩きの後、笹が茂り落ち葉で足元のすべる道を山頂へと登っていった。小生は幸いにも鶯神楽の花(高さ2m位の木に咲く薄いピンクのラッパ状の花)を見つけ何とか最後の登りに耐えた。山頂広場でゆっくりと昼食をとり、食後は急な下りに気をつけながら才の神峠へと下り、そこから更に長い舗装道路歩きを凌ぎ、出発点の日生中央駅に、先頭は14:08ゴール。アンカーも16:10無事ゴール。傘寿超4名も初参加者も堂々の 完歩。M氏他数名は例によって途中から別コースを経てアンカー到着前に生還。皆さんお疲れ様でした。有難うございました。

2021年4月20日  山を登る会 田中 昭夫
スケジュール
画像をクリックされますと見やすいpdfファイルが表示されます。
スケジュール